ギリシャ株式市場、再開初日は大幅安

銀行株の売り継続の見通し

 8月3日、ギリシャ株式市場は大幅安で再開初日を終了。銀行株に買い手なし。アテネ証券取引所の受付(2015年 ロイター/Yiannis Kourtoglou)

[アテネ 3日 ロイター] - ギリシャのアテネ証券取引所は3日、5週間にわたる休場後の取引再開初日を大幅安で終了した。

主要株価指数<.ATG>は16.23%安の668.06で引けた。一時は約23%下落する場面もあった。比較可能な記録が存在する1985年以降で最悪の1日となった。

主要株価指数で約20%のウエートを占める銀行株が特に売られ、銀行株指数<.FTATBNK>は30%下落し、ストップ安。同指数の構成銘柄となっているナショナル・バンク・オブ・グリース(NBG)<NBGr.AT>、アルファ銀<ACBr.AT>、ピレウス銀<BOPr.AT>、アッティカ銀<BOAr.AT>、ユーロバンク<EURBr.AT>の5行すべてがストップ安となり、取引時間の大部分を通して売買停止となった。

市場関係者は、銀行株に対する買い手は皆無だったと指摘。銀行株に対する売り意欲と買い意欲が均衡化するには数日かかると見られるため、「4日の取引でも銀行株が一段と売られる可能性がある」としている。

ただ、くじ事業運営のOPAP<OPAr.AT>やOTEテレコム<OTEr.AT>など、一部の国外でのエクスポージャーが高い銘柄は、それほど大きく下落しなかった。

ベータ証券(アテネ)首席トレーダー、タキス・ザマニス氏は、「この日の市場は予想どおりに大幅に売られた」としながらも、ノンバンクのほか、一部優良銘柄に対する需要は見られたとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT