海外金融市場で本領発揮、日立キャピタルの身上

海外金融市場で本領発揮、日立キャピタルの身上

日立キャピタルの英国現地法人、「日立キャピタル英国」が……と切り出しても、一般的な知名度は低いだろう。だが、同現法こそ、知る人ぞ知る「消費者向け販売金融分野における英国ナンバーワン企業」。特定領域とはいえ、なぜ日系金融会社がトップの地位に躍り出ることができたのか。

結論を急げば、それは「現地化」を徹底したことと、日立キャピタル本体の「財務体質の堅牢さ」にある。78万先に及ぶ顧客基盤を構築しえたのも、この二つの強みを存分に発揮したから。現在、日立キャピタルはアジア、米国、欧州という3エリアへの進出拡大を狙っているが、そのバックボーンは英国現法での成功の中に隠されている。

同社が初めて海外に進出したのは1975年。香港で家電品の販売金融を開始したのが始まりだった。その香港において、14年にわたってローカル化の陣頭指揮を執り続けてきたのが戸沢広則常務だ。

三浦和哉社長が同氏を海外事業本部長に抜擢したのは、海外でのローカル化路線をさらに疾走するため。そして6月に発表したのが「営業収益ベースの海外事業比率を2010年度の29%から15年度には40%以上に引き上げる」という事業強化策だった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT