鉄鉱石の価格暴落によって次に起きること

需要減退の状況でも供給側は増産を止めず

その結果、需給バランスが崩れ、価格も今年6月時点で62ドルまで下落。2011年のピークから4年で3分の1の水準へ暴落した。

各社が鉄鉱石価格の下落を覚悟のうえで増産を続けるのは、シェアを拡大して生産性の低い業界下位を駆逐するため。寡占化を進めることで、将来的に価格支配力を強めようという狙いがある。

将来の安定調達に不安

日本の大手鉄鋼メーカーもこうした動きに困惑ぎみだ。ある購買担当の役員は「これ以上、供給側の寡占化が進むと安定調達に支障を来す」と表情は冴えない。足元の鉄鉱石価格の下落は原価低減につながるが、長期的には不利な状況に追い込まれる可能性があるからだ。

今後の価格見通しについて、今年5月時点でIMF(国際通貨基金)は、2016年まで50ドルを下回る展開が続くと予想している。新村氏は、「中国は今後、公共投資などの景気対策を講じてくる。そうすると2015年下期から2016年にかけて鉄鉱石の価格はやや戻すだろう」と見ている。ただ、かつての水準からすれば停滞感は否めない。

「週刊東洋経済」2015年7月25日号<21日発売>「価格を読む」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。