企業節電対策の基本は空調、照明、今夏の努力で冬のピークを乗り越えられるか?--『会社四季報』緊急調査


 製造業でなければ電球をLEDに取り換える、空調設備をより高効率な設備へ更新など、節電対策も限られる。「震災以前の大量電力消費社会も反省すべき」との声も聞かれるが、中長期的な対策を立てていない企業も多い。目先は取り繕えても、しょせんは弥縫策。いずれほころびが出る。電力不足は企業のあり方、働き方を根本から見直すことを迫っている。

なお、『会社四季報』11年4集秋号ワイド版では、調査の集計結果の詳細を掲載している。こちらもご参照いただきたい。
(『会社四季報』編集部)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT