がんの究極薬が開く、新しい治療法の可能性

新薬「オプジーボ」はいかに生まれたのか

――オプジーボがなかったら…。

もう、考えただけで……。オプジーボがないというのは、当面自社創製の新薬が出ないということ。売り上げは他社からの導入品を一生懸命取ってきて、なんとか横ばい程度で維持できますが、利益率はどんどん落ちます。困るのは、やりたい投資ができなくなること。そういうシナリオに至っていたリスクもあったかもしれませんが、幸いオプジーボが出たので、出なかったことは考えずに、出たものをいかに大きく育てるかに専念します。

新薬の創製は成功確率が落ちている

――オプジーボが昨年発売されるまで、自社創製の新薬が12年途絶えていました。

言い訳をしますと、新薬の創製は非常に成功確率が落ちてきています。手の届くところは薬が出てしまって、難しいところが残っています。1つの会社には成功が続く時期があれば失敗が続く時期もあって、やむをえないというのが半分ある。

週刊東洋経済7月18日号(13日発売)の特集は『クスリ最前線~大型新薬の嘘と本当』です。超高齢化、グローバル化で激変するクスリの世界を全42ページで徹底分析。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかし、それは回避しなければならないことです。プロスタグランジンで成功を続けて、世界初という新薬を十数個出し、業績はよくなりましたが、外の世界最高水準の知見や技術を学ぶ姿勢が少しおろそかになっていたのではないかという反省があります。

――今後新薬を継続して出していくために、どんな取り組みをしていきますか。

小野薬品がもともと得意だったオープンイノベーションを1からスタートすると決めました。米国に7人、ヨーロッパに3人くらいの研究員を配置し、日本にも同様のチームを置いて、世界中の大学、研究所やバイオベンチャーをぐるぐるリサーチさせています。これはおそらく中堅企業ではうちだけで、大手並みの布陣だと思います。

今はまだ1ケタですが、将来は数十人の小野薬品の研究員が外で学び、学んだことを持ち帰って小野薬品の研究所の中で頑張り、次の研究員がまた外に行くという循環を作りたい。そうやって新薬を生み出し、2030年に訪れるオプジーボの特許切れの影響を緩和したいと考えています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT