ゴルフでカネを稼ぐ限界はどこにあるのか

世界の超一流と日本のトッププロの大きな差

「フォーブス誌」のランクで異色だったのは1900万ドル(約23億円)で96位のビリー・ホーシェル。ゴルファーではミケルソン(8位)、ウッズ(9位)、マキロイ(12位)、ローズ(82位)、スピース(85位)に次ぐ。日本ではそこまで有名な選手ではないがどうしてそんなに?

年間王者になったことがランクインの理由

これはフェデックスカップポイントによるプレーオフシリーズで年間王者になったから。詳細は省くが、各試合の成績によるポイントで順位を付け、上位125人でプレーオフシリーズ4試合を行い、1試合ごとに下位をカットしていって、最終戦「ツアーチャンピオンシップ」は30人で争い、優勝者にはボーナス1000万ドル(約12億円)が支払われる(!)。

昨年賞金王のマキロイは1シーズンで828万ドル(約10億円)。この方式になって、従来の賞金王争いなど、ツアーの意味合いも変わってきたために異論もでていることは確かだけれど、ツアーの成績は中の上ぐらいのホーシェルが、世界の全スポーツを合わせた年収ランクでトップ100入りしたことは、多くの選手を勇気づけたことだろう。

日本ではこのようなことはできないだろうが、世界に出ていけばチャンスはある。昨年は松山英樹、石川遼が初出場し、石川は2戦目までだったが、松山は最終戦に進出して22位になっている。今年も8月までの米ツアーでのフェデックスポイントでプレーオフシリーズに進出する選手が決まるが、日本のゴルファーが世界スポーツ長者番付に載る日が来るのだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT