「オキシコドン」は、"警戒"するべき薬だった

アメリカ人医師に聞く処方現場の実態

――オキシコドンを入手する手段について伺います。海外からアメリカの主治医に電話をかけて追加の薬を処方してもらうことはできますか。

ケースバイケースで可能だろう。患者が海外にいて、2~3カ月主治医に診てもらえないという事情があれば、医師によってはまとめて数カ月分を処方する人もいるだろう。彼女のケースは、報道によれば、57錠の錠剤だったそうだが、「海外にいて膝痛が続いて困っている」と本人から連絡があれば、そのぐらいの数を処方する医師もいると思う。私だったら患者を直接診察することなく、57錠という量を1度に処方しないと思うが。

――医師を通さず、オキシコドンを入手することは?

残念ながら可能だ。オンラインで処方箋なしで薬を売る怪しいドラッグストアもあるし、注文を受けて、金だけ受け取って薬を送らない悪質業者も多いと聞く。また、医師の中にも残念ながら金のために無責任な処方箋を書く人もいる。マイケル・ジャクソンの主治医は1カ月に何十万ドルもの報酬を受け取る代わりに、多量の鎮痛剤の処方箋を書いていたと見られている。

よく知られている通り、米国では鎮痛剤中毒の問題は非常に深刻だ。マイケル・ジャクソン自身もはじめは中毒になろうと思って鎮痛剤に手を出したのではないだろう。強い鎮痛剤は、芸能人であろうが、企業の役員であろうが、全く関係なく、依存傾向のある人間には等しく危険だ。

また、悪質な医師でなくても、患者から「痛みが取れない」と何度も悩みを相談されれば、処方してしまうケースもあるだろう。

たばこを吸う人には処方しない

――処方の際に気を付けていることは?

私の場合、絶対にオキシコドンを処方しないのは、たばこを吸う人、アルコール依存症の人、過去にアルコール依存だったことがある人だ。この3つにあてはまる人は、オキシコドン中毒になる傾向が強く、処方しただけの量では足りず、やめられなくなる可能性が高い。ニコチン中毒とオキシコドン中毒の過程は、実はそう変わりないものだ。

たばこは身体に悪い、病気の原因になるかも、とわかっていてもたばこをやめられないような患者に、オキシコドンを処方することは、私なら絶対にない。強い鎮痛剤の場合は、短期間、必要量だけを服用し、その後、すぱっと服用をやめられるかどうか、そこが一番の鍵だからだ。

――日本でも末期がんの患者の痛みの緩和などにオキシコドンは使われています。具体的な効き目は?

例えば死期の迫った末期がんの患者などがオキシコドンを医師の処方によって服用すると、今までのたうち回って苦しんでいた痛みが一時的に消え、家族と最期の数日を穏やかに過ごすことができたりする。その意味では素晴らしい薬だ。

薬の必要ない人間がオキシコドン中毒になることと、がん患者がこの薬に依存することは全く違うし、そこを多くの人にわかってもらいたいと思う。

ただ、皮肉なことに、多くの末期がん患者が、オキシコドン中毒になることを恐れて、医師が薦めても使わないのが現実だ。

次ページ末期がん患者でも拒否するケースが多い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?