破格の1800万円「スカイラインGTS-R」納得の理由 800台限定の希少車、GT-Rを名乗れなかった1台

拡大
縮小
まるで新車のような輝きを放つ1987年式の日産「スカイラインGTS-R」
まるで新車のような輝きを放つ1987年式の日産「スカイラインGTS-R」(筆者撮影)

旧車ブームが続く中、1980年代に販売された国産スポーツカーの人気もうなぎ登り。近年は、中古車価格も著しく高騰しているが、なんと1800万円という破格値がつけられた日産自動車(以下、日産)の「スカイラインGTS-R」に遭遇した。

新車価格340万円が1800万円に

三重県のクラシックカー専門店「ヴィビンテージ宮田自動車」が「オートモビルカウンシル2024」(2024年4月12~14日・幕張メッセ)というカーイベントに展示していたこの車両は、1987年にわずか800台を限定販売。

かつて絶大な人気博した「全日本ツーリングカー選手権」などのレースに参戦するために、国際レギュレーションのグループAへ適合させたクーペモデルだ。新車価格は340万円と、当時のクルマとしては比較的高価。しかも限定の販売台数だったことで、その頃に青春時代を送ったスポーツカー好きなどには、「買いたくても買えなかった」人も多かったという、かなりレアなモデルだ。

【写真】800台限定のホモロゲーションモデル「スカイラインGTS-R」。美しすぎる内外装と2190kmという低走行などで破格の1800万円というプライスに(30枚以上)

だが、それにしても、かなり強気な価格設定と言えるだろう。ウェブの中古車情報サイトなどに出品されているこのモデルの中古車価格は、高くても800万円台であることが多いからだ。

では、なぜこの車両には、1800万円もの価格が付けられているのか? スカイラインGTS-Rというクルマを振り返るとともに、その謎に迫ってみたい。

次ページ日産のスカイラインGTS-Rとは
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT