金融大混乱でFRBがゼロ金利政策長期化、ゴールドマンは年後半のQE3を予想



 
 「今回のFRBの声明は、FRBが景気に対して当社の想定以上にハト派寄りになったことを示している」とし、今年年末にかけて失業率が横ばいないし上昇するとのゴールドマンの予想を前提とすれば、QE3実施の可能性が高いと見ている。

ただ、QE3の実施にはインフレ高進リスクもあり、FOMC内部での反対票増加も予想される。そのため、QE3の実施に際しては、「インフレ高進リスクが高まった場合に資産購入やバランスシートの大きさを見直す旨の保険的な見直し文言を抱き合わせる必要があるだろう」(丸山氏)との予想もある。

当面、米国の経済指標とともに、8月26日に予定されているバーナンキ議長のジャクソンホールでの講演で、どのような認識が示されるかに注目が集まる。また、次回のFOMCは9月20日に予定されている。

(中村 稔 =東洋経済オンライン)

photo:AgnosticPreachersKid CC3.0 BY-SA
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT