「爆破予告者」の犯人像と日常生活における注意点 いたずらでは終わらず甚大被害を及ぼすケースも

拡大
縮小
爆破予告
爆破予告と不審物が確認され、一時騒然となった那覇市役所=7日(写真:時事)

今月6日、全国で犯行予告が相次いだ。

那覇市では、那覇市文化振興課宛に、「午後1時34分に施設を爆破する。たくさんの人間が死にます」という内容のメールが届き、7日昼すぎに那覇市役所で誰の物かわからないスーツケースが見つかり、市役所にいた人を避難させた騒ぎがあった。スーツケースは来庁者の忘れ物と判明したが、爆破予告は悪質ないたずらとみて警察が捜査を行っている。

また、同日、新潟県上越市本城町の高田城址公園オーレンプラザなど2カ所に「施設を爆破する」旨のメールが届いた。爆破予告時刻は7日午後1時34分で、前述の那覇市の事件との関連も指摘され、同様のメールはさいたま市にも届いたほか、南相馬市などにも届いている。

これら爆破予告は、施設利用者等の避難を強いるほか、市民に多大な不安を与え、各施設や警察業務を著しく阻害する極めて劣悪な犯罪で、犯行態様によっては威力業務妨害罪や偽計業務妨害罪、脅迫罪等の犯罪の構成要件を満たす。

過去には、サンリオピューロランドにテロ予告メールが届き、臨時休館となったほか、ディズニーリゾートや周辺施設に対する爆破予告のメールが届き、警察が不審物有無の確認対応に追われるなど、爆破予告の影響は極めて大きい。

過去最悪の被害をもたらした「恒心教」事件

2023年8月には、過去最悪の被害を出した事件が摘発された。全国の学校や自治体、企業などに爆破や殺害を予告するファクス30万件以上が送信され、20代の男2人が威力業務妨害の疑いで検挙されたのだが、男らは、ネット経由でファクスを大量送信するサービスを使用、この際に匿名化ツール「Tor」を経由してアクセスしていた。

この匿名化ツールなど、幾重にも偽装を行う手法が捜査を困難にしている実情があるが、本件は警察の緻密な捜査により検挙に至った。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT