「16時間断食のデメリット」無理なく克服する方法 脂肪のほかに「燃やされてしまうもの」を補う

拡大
縮小
せっかくの「断食」が裏目に出ないよう注意すべき点があるという(写真:takeuchi masato/PIXTA)
1日のうち16時間は何も食べない、あとは自由に飲み食いしていいという 「16時間断食」のブームが続いています。生活習慣病の専門医であり、ブームの火付け役としても知られる青木厚氏曰く「誰でも簡単に実践できるうえ、がんや認知症、生活習慣病の予防にも役立つ」という「16時間断食」。そのメカニズムとはいったいどんなものなのでしょう? またデメリットはないのでしょうか?
日進月歩で研究が進む「空腹」や「断食」に関する最新の知見を、青木氏の著書『新版「空腹」こそ最強のクスリ』より一部抜粋・再構成して解説します。

空腹や断食に関する研究は日進月歩で進化している

「16時間断食」は、オートファジー研究をもとに生み出された食事法です。「オートファジー」は、古くなった細胞が新しく生まれ変わるという体の仕組みです。2016年に東京工業大学の大隅良典栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したことで、にわかに注目を浴びました。

近年、「空腹」に関する世界の認識は急速に深まりつつあり、オートファジー研究をはじめ、新しい研究成果が続々と発表されています。

次々に発表される論文のなかでも『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(NEJM)』に掲載された、「空腹」に関する論文は大変話題になりました。『NEJM』は世界で最も権威ある週刊総合医学雑誌のひとつです。

次ページ気になる論文の内容は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT