映えない「ディストピア飯」地味に人気の続くワケ 人々が食いつく背景には何があるのか

拡大
縮小
(写真:三原氏提供)

「ディストピア飯」をご存じだろうか? 2017年からツイッター(現X)を中心に、SNSでさまざまな人が投稿し続けている人気の再現料理だ。ディストピア飯とは、SF映画などに出てくる食事をイメージし、崩壊した近未来に配給されるであろう、食欲をそそらず映えもしない無機質なワンプレートの再現料理を指している。

インターネット上の「ピクシブ百科事典」や「Weblio辞書」にも解説が載るほど定着。2021年、ディストピア飯ファンという集英社の編集者が、自社のウェブマガジンで、「ディストピア飯小説賞」を立ち上げて作品を募集し、2023年にも投稿が企画されている。現代の「映え文化」と真反対のこうした料理が人気を保ち続けているのはなぜだろうか。

「ディストピア飯」の展示会を開催

自らディストピア飯を作品化し、ディストピア飯事情にくわしいアーティスト、三原回氏がディストピア飯の存在を知ったのは、流行初期の2017年頃。2020年3月には、ユートピア型の食事をイメージし、「ユートピアン・ミールズ」とタイトルを付けたディストピア飯の写真と動画の展覧会を、下町のギャラリーで開いてもいる。

(三原氏提供)

希望者が実食できる形にしたところ、150人ほど訪れた来場者のうち、食欲をそそらない見た目から「自分はダメだ」と言った少数以外は、全員が実食を希望し完食した。青や緑のペースト状の料理は、キャンベルのチキンクリームスープに着色料で色をつけたもの。ほかにコーンミール、クスクス、チーズ、マッシュポテト、ヨーグルトなどを使用した。

(写真:三原氏提供)
(写真:三原氏提供)

「錠剤はデザートのイメージですが、ラムネやサプリメントなどを使っています。棒状の食べ物はカロリーメイト。カロリーメイトは、そもそも栄養補給食です」と三原氏は説明する。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT