グーグルが無料音楽配信サービスへ

アップルに対抗、週内に開始

 6月23日、米グーグル無料の音楽配信サービスを週内に開始すると発表した。写真はスクリーンに映し出されたグーグルのロゴ。2014年10月撮影。(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 23日 ロイター] - 米インターネット検索大手グーグル<GOOGL.O>は23日、無料の音楽配信サービスを週内に開始すると発表した。米アップル<AAPL.O>が来週、有料の音楽配信サービスを開始するのに対抗する。

グーグルは「グーグルプレイ・ミュージック」を通して月額9.99ドルで有料の音楽配信サービスを提供しているが、無料のサービスは今回が初めて。グーグルのモバイル端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」、およびアップルモバイル向けOS「iOS」を搭載した端末で利用できる。

既存の有料サービスと違い、無料サービスには広告が掲載され、インターネットに接続されていない時は利用できない。また、一部の楽曲は無料サービスから除外される。

グーグルのプロダクト・マネジャー、エリアス・ロマン氏は、無料サービスを開始することで、有料の「グーグルプレイ・ミュージック」にユーザーを呼び込みたいとしている。

アップルは今月、6月30日に有料音楽配信サービスを開始すると発表。料金は月額9.99ドル、もしくは家族プランで月額14.99ドルとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。