規模を狙うコニカミノルタ、大胆な「戦略転換」の真意

規模を狙うコニカミノルタ、大胆な「戦略転換」の真意

事務機大手のコニカミノルタホールディングス(以下コニカミノルタ)。経営姿勢を一言で表現すると「華よりも実を取る」だ。

2003年に旧コニカと旧ミノルタが統合。07年には、当時のグループ従業員約1割に当たる3700人の削減に着手し、それぞれの祖業であるカメラ事業から撤退した。

主力事業を見ても、トップシェア製品はない。複合機はA3型のカラー機で世界シェア約20%と2位、液晶テレビ用のタックフィルムも同30%で2位、そして商業印刷機も同約40%で、これまた2位だ。無理に価格競争を仕掛けず、成長が見込めて採算を確保できる分野で、確実に稼いできた。

事務機業界の構造変化 今後は「知恵」の勝負

だが、今年5月12日。新中期経営計画の説明会で、同社の松崎正年社長はこう切り出した。「成長に向けて、規模の拡大に挑戦する」。

複合機ではカラー分野でのトップシェアを目指す。商業印刷機でも品ぞろえの拡充で首位を狙う。これらの「ジャンルトップ」戦略をテコに、新中計の最終年度である13年度に売上高1兆円(10年度実績7779億円)、営業利益率8%(同5・1%)に引き上げる。規模拡大を明確に打ち出した裏には、どのような真意があるのだろうか。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT