規模を狙うコニカミノルタ、大胆な「戦略転換」の真意

規模を狙うコニカミノルタ、大胆な「戦略転換」の真意

事務機大手のコニカミノルタホールディングス(以下コニカミノルタ)。経営姿勢を一言で表現すると「華よりも実を取る」だ。

2003年に旧コニカと旧ミノルタが統合。07年には、当時のグループ従業員約1割に当たる3700人の削減に着手し、それぞれの祖業であるカメラ事業から撤退した。

主力事業を見ても、トップシェア製品はない。複合機はA3型のカラー機で世界シェア約20%と2位、液晶テレビ用のタックフィルムも同30%で2位、そして商業印刷機も同約40%で、これまた2位だ。無理に価格競争を仕掛けず、成長が見込めて採算を確保できる分野で、確実に稼いできた。

事務機業界の構造変化 今後は「知恵」の勝負

だが、今年5月12日。新中期経営計画の説明会で、同社の松崎正年社長はこう切り出した。「成長に向けて、規模の拡大に挑戦する」。

複合機ではカラー分野でのトップシェアを目指す。商業印刷機でも品ぞろえの拡充で首位を狙う。これらの「ジャンルトップ」戦略をテコに、新中計の最終年度である13年度に売上高1兆円(10年度実績7779億円)、営業利益率8%(同5・1%)に引き上げる。規模拡大を明確に打ち出した裏には、どのような真意があるのだろうか。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT