小田急の「新拠点」海老名駅の知られざる裏側 本社が一部移転してきたビルには「乗務所」も

拡大
縮小
小田急 海老名駅
小田原方から見た小田急の海老名駅。奥の新築ビルに小田急の海老名本社と乗務所がある(記者撮影)
この記事の画像を見る(90枚)

神奈川県海老名市にある小田急電鉄の海老名駅は新宿から42.5km、小田原線新宿―小田原間(82.5km)のほぼ中間に位置する。かつて駅周辺は田畑や空き地が広がるばかりだったが、いまは大型商業施設とタワーマンションが建ち並ぶ。「住みたい街」のランキングでもつねに上位に顔を出す街の中心となる駅だ。

ホームに流れる「いきものがかり」

海老名という地名を聞いて思い浮かべるのは、東名高速道路のサービスエリア(SA)という人は多いかもしれない。利用者数は日本一。名物のメロンパンが人気の観光スポットの一面もある。海老名SAから北へ2~3km、鉄道の駅の地位も向上している。

小田急の海老名駅は2面4線のホーム。特急「ロマンスカー」の一部も停車する。列車接近時には地元ゆかりの音楽グループ「いきものがかり」の楽曲を用いたメロディが流れる。橋上に中央改札と西口改札があり、どちらからもペデストリアンデッキで駅の東西と行き来できる。改札内と改札外の2カ所で「箱根そば」が営業している。

2022年度の1日平均乗降人員は12万3222人。小田原線・江ノ島線・多摩線を合わせた計70駅のなかで6位に位置する。

海老名駅コンコース
海老名駅のコンコース。「箱根そば」は改札の中と外で2店舗ある(記者撮影)
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT