北朝鮮の盟友・キューバと韓国が国交樹立したワケ 「塹壕を共有する仲」を破った韓国外交

拡大
縮小
キューバと韓国が65年ぶりに国交を再開した。これまでキューバは、北朝鮮と最大の友好国だった(写真・ studiocasper/Getty Images)

韓国政府が北朝鮮の兄弟国であるキューバと外交関係を樹立した。1959年の国交断絶から65年ぶりの再開となる。

韓国・外交省によると、韓国とキューバは2024年2月14日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにある両国の国連代表部で公式的な外交関係の樹立を行ったと明らかにした。

韓国にとってキューバは外交関係を持つ193番目の国となり、国連加盟国の中で国交がないのはシリアだけとなった。

1959年に韓国と断交したキューバ

キューバは1949年7月に大韓民国を承認したが、1959年1月のキューバの社会主義革命以降、両国間の交流は途絶えた。一方、キューバは北朝鮮と1960年に国交を結んだ後、反米の価値を共有する「兄弟国家」として友好関係を続けてきた。

韓国・外交省は「中南米・カリブ海地域国の中で唯一国交がなかったキューバとの外交関係樹立は、韓国の中米、南米への外交強化のために重要な転換点だ」と説明した。

人口約1123万人のキューバは、中南米唯一の共産主義国家だ。両国は国交がなかった時期でも観光・文化面など非政治分野で着実に交流を拡大してきた。

コロナ禍が始まる前まで、年間1万4000人の韓国国民がキューバを訪問していた。2022年でみると、両国の貿易規模は輸出1400万ドル、輸入700万ドルだった。

北朝鮮の友好国であるキューバとの修交は、とくに国際社会で北朝鮮の孤立感を高め、北朝鮮への圧力の声を高める重要な支柱になると思われる。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT