私家版 差別語辞典 上原善広著

私家版 差別語辞典 上原善広著

路地(部落)に育ち差別の現実を直視してきた著者による自らの体験と取材、差別語の来歴、背景、評価が紹介され、個性的な主張がなされる。「同和」「穢多(えた)」などの路地関連、「めくら」などの心身障害関連、「土方」など職業名、さらに「外人」「支那」など多くの言葉が俎上に載せられるが、人を差別する言葉が苦くて重い歴史を持つことをあらためて知らされる。単なる「辞典」に終わらず、差別関連のルポ数編が挟み込まれていてそれも興味深い。

組織的糾弾に辟易したメディアはお詫びと自主規制、言い換えを続けてきた。だが著者は過剰な自粛には批判的で、どのような文脈や意図で使われたかが重要だと主張している。言葉狩りが行きすぎると、政治的言い換えと事なかれ主義、くぐもった陰湿な差別が生まれるだけで、使って構わない差別語もあるという。欧米の差別語についても知りたくなるのはともかく、差別の本質が深く追究され説得力十分だ。(純)

新潮社 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT