敗者の視点から、"怪物"井上尚弥の強さに迫る 『怪物に出会った日』書評

✎ 1〜 ✎ 87 ✎ 88 ✎ 89 ✎ 最新
拡大
縮小
『怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ』森合正範 著
怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ(森合正範 著/講談社/2090円/440ページ)
[著者プロフィル]森合正範(もりあい・まさのり)/東京新聞運動部記者。ボクシング取材、五輪やプロ野球などの報道に携わる。1972年生まれ。大学時代、ボクシングの試合が行われる後楽園ホールでアルバイトをした。井上尚弥の試合前には『週刊プレイボーイ』でインタビューを担当。

ここ何年も、リングの“主役”を担っているプロボクサー、井上尚弥(大橋ボクシングジム所属)。2023年12月26日には、東京・有明アリーナで行われたスーパーバンタム級の4団体王座統一戦に華麗なKO劇で勝利し、22年のバンタム級に続き2階級目となる快挙を成し遂げた。

世界戦で9割以上の高いKO率を誇り、「モンスター」の異名を取る30歳は、人気、実力ともにスーパースターの域に達する。本書は、「日本ボクシング界の最高傑作」と呼ばれる彼の強さに迫ったノンフィクションである。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内