"後継者"ニケシュを口説いた孫正義の招聘力

ソフトバンクに超一流が集まるワケ

現在のソフトバンクは、笠井氏抜きでは成り立たなかっただろう。残念なことに笠井氏は2013年に亡くなられた。このときには、孫正義は目に涙をためながら弔辞を読んだ。このように孫正義は、自身が必要としている人物を適切なタイミングでリクルートしてきたのだ。

孫正義流、失敗しないリクルーティングの3つのポイント

孫正義のリクルートには、いくつかの法則がある。

ひとつ目は、社外にいて、孫正義のカウンターパートナーとして働いて実績を上げた人物を選ぶということだ。北尾氏は、1994年、ソフトバンクが新規株式公開(IPO)を行った際、主幹事証券だった野村證券のソフトバンクの担当部長だった。また、笠井氏と孫正義は、笠井氏がまだ銀行に勤めていたときにビジネス上の密接な関係があった。つまり相手はソフトバンクと孫正義についてかなり知っていて、孫正義も相手のことをよく知っている状態ということだ。

ニケシュ・アローラと孫正義の最初のコンタクトは、5年ほど前のことらしい。Yahoo! JapanにGoogle社製の検索エンジンを導入するためだった。この交渉は、言わば競合企業同士がある分野で提携するという、難しい交渉だった。しかし、最終的には孫正義とニケシュは合意し、Yahoo! Japanの検索エンジンはGoogle社製を導入することになった。この交渉を通じて孫正義は、ニケシュのビジネスマンとしての知見や能力を知ったのだろう。ニケシュのソフトバンク入りはこのような関係があってのことだ。

トップレベル人事で採用してみて駄目だったということは、許されることではない。数百億、数千億の単位で実績に差が出てくる。やはりその能力に確信が持てる人物でなければ、ハンドルを預けるわけにはいかないということだ。

2つ目は、孫正義自身が直接口説くということだ。まずは、ヘッドハンターが社名も出さずにコンタクトして、見込みが出てきたら自分自身で口説くというような段階的アプローチはとらない。孫正義自身が自分で電話をして、何度も直接会って口説く。ニケシュ・アローラに至っては、彼が結婚式のため南イタリアにいるときに孫正義が電話をしてきて、最終的には結婚式にも出席したという。

3つ目は大きな志を共有するということだ。ニケシュ・アローラは決算発表会でソフトバンク入りの理由を聞かれて、「成長力のあるアジアで仕事をするならソフトバンクだと思った」と答えている。日本でYahoo! Japan、中国ではアリババを有するソフトバンクに、インド生まれのニケシュ・アローラが入ることで実現する未来のソフトバンクが、2人の共有する志となったのだろう。それでニケシュ・アローラはソフトバンク入りを決めたのだ。

ソフトバンク躍進を支える人材リクルーティング

ほかの企業と比べ、ソフトバンクという企業には成長の限界がないように見える。これは、孫正義が成長のために必要な人材を、抜群の交渉力で巻き込んできたからだ。そして、それは単に採用面接での口説き文句がうまいというようなことではない。社外であっても、孫正義と一緒に仕事をし、お互いに理解を深めていく過程を経て、いつの間にか孫正義と志を共有し、自然とソフトバンクに引き寄せられていくのだ。

私は前回、「孫正義はいかにしてジョブズを口説いたか?」という記事の中で、孫正義が、自然と交渉相手が寄り添ってくるような状態を作り出す“鯉とりまーしゃん”式の交渉術を駆使していると書いたが、まさにこうしたリクルーティングは、その真骨頂と言えるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT