密かな人気!「1年鮮度が落ちない米」の秘密

ペット用品から生まれた"新発明"

同社は、こうしたコメのナイーブな特徴に配慮し、仕入れた玄米を15度以下の環境で保管して鮮度を維持している。それだけではない。精米、包装まで一貫してこの低温環境で管理しているというのだ。

食品事業部部長の山田次郎氏

実は、コメは精米時の摩擦熱でも劣化してうま味が落ちる。「精米するとき、摩擦熱で瞬間的に100度近くまで上がるが、当社の環境下ではそれを最大で60度くらいに抑えることができる」と、食品事業部部長の山田次郎氏は話す。

同社の調査では、低温精米と常温精米を比較したところ、前者の方が後者に比べ、食感や甘みに大きく寄与する酵素であるα-アミラーゼ活性が20%高まるという結果も出ている。このように徹底した低温管理で鮮度の維持にこだわるのは、「アイリスだけ」と、山田氏は自信を見せる。

さらに、この鮮度は1年ももつのだが、ここにも業界初の工夫が施されている。袋が、脱酸素剤を同梱した高気密性のラミネート素材でできているのだ。

一般的な米袋は、密閉されているように見えるが、実は小さな穴が開いたポリ袋なので酸素を通してしまう。しかし、これなら外気からも袋の中の空気からも酸化を防いでくれるので、コメのおいしさが長く保たれるのだという。

実はこれ、面白いことに、同社が得意とするペット事業からの応用だそう。「ペットフードの袋は、脱酸素材やラミネート材を使うのが当たり前ですが、米業界では初」(山田氏)。

小分けパックというアイデアもヒット!

そしてもうひとつ、大きな特徴であるのが、冒頭の写真のとおり、小分けパックである点だ。2合パックと3合パックがあるが、一度で使いきれるサイズなので、開封してから劣化させる心配もないし、何より計量しなくていいのがラクである。

キッチン棚などに収まるスリムサイズなので、保管スペースもとらない。ただし、「冷蔵庫に入れたほうがより鮮度は保たれる」(山田氏)そうだ。しかし、仮に冷蔵庫に入れる場合でも、密閉容器やペットボトルに移し替える手間もないし、コンパクトなのでさほど庫内を占領することなく保管できる。

次ページ無洗米がウマイ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT