密かな人気!「1年鮮度が落ちない米」の秘密

ペット用品から生まれた"新発明"

「食の安心・安全」への取り組みも、支持を得ている理由のひとつだろう。同社では、すべての入荷米(玄米)に対し、自社検査を実施している。おいしさに関する検査と、安全に関する検査を実施しており、中でも「DNAによる品種の判定はうちだけ。検査頻度も高い」と、山田氏は説明する。

取り扱うコメは東北を中心とした銘柄であるため、原発事故による影響を懸念する消費者もいるかもしれない。だが、放射能検査も、自治体検査に加え、さらに厳しい基準による自社検査を行っているそうだ。

アイリスは宮城県仙台市に本社を置き、プラスチック製品やペット用品をはじめ、最近ではLED照明や調理器具など、さまざまな生活関連商材を扱う会社だ。そんな同社が、なぜコメ事業に乗り出したのだろうか。

きっかけは、東日本大震災

2013年1月、同社の大山健太郎社長と、農業生産法人・舞台ファームの針生信夫代表との出会いから、すべてが始まったという。

東日本大震災以降、「地元企業として何か復興支援を」と考えていた大山社長と、津波で田畑の半分を失い、新たなビジネスモデルを模索していた針生代表。2人は意気投合し、コメの消費拡大と東北のコメ農家支援を目的に、同年4月に舞台アグリイノベーションを設立して精米事業に参入した。そして、70億円を投入し、宮城県亘理町に国内最大規模の工場を設立。ここから、「低温製法」のコメが出荷されている。

最近では、鮮度劣化を防げる包装が評価され、マレーシアの食品卸業からの受注も決まった。まだまだ需要があるとみており、今後も海外での国産米普及に努める方針だという。

「最近、おいしいコメを食べてないなあ」という方や、同社の新たな試みと思いに興味を持たれた方などには、特に単品パックなら気軽に手にとれるので、ぜひ一度、「生鮮米」の味わいを試してみてほしい。コメを主食としてきた日本で生きている幸せを、あらためてかみしめることができるはずだ。

単品スペック:3合パック(450g)は、通常米が320~430円、無洗米が340~380円。2合パック(300g)は、通常米が230~320円、無洗米の販売はなし。
取り扱い銘柄は、北海道「ゆめぴりか」、北海道「ななつぼし」、秋田産「あきたこまち」、宮城県産「ひとめぼれ」、山形産「つや姫」、新潟産「こしひかり」、魚沼産「こしひかり」、宮城県産「ササニシキ」。種類によっては取り扱いのない銘柄も。

 (撮影:田所千代美)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT