米CBS、テレビ番組配信でアップルと協議

レスリー・ムーンベスCEOが言明

 5月27日、米CBSのCEOは、アップルとテレビ番組配信をめぐり先週協議したことを明らかにした。写真はアップルのロゴマーク。サンフランシスコで昨年1月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[ランチョ・パロス・ベルデス(米カリフォルニア州) 27日 ロイター] - 米メディア大手CBS<CBS.N>のレスリー・ムーンベス最高経営責任者(CEO)は27日、米アップル<AAPL.O>とテレビ番組のネット配信をめぐり先週協議したことを明らかにした。交渉は現在も続いているとしている。

IT(情報技術)関連ニュースサイト「Re/code(リコード)開催の会議で述べた。

ムーンベスCEOは「アップルTVとおそらく合意する」との見方を示した。

また人々が視聴するチャンネル数が減少するのに伴い、テレビの多チャンネル戦略の見直しが進んでいると指摘。アップルはチャンネル数を減らしてより安価な視聴プランを提供するだろうと述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。