楽天証券は、なぜ「マック対応」を強化したのか

「証券売買はWindows」の常識を初めて打破

アップルのマック向けサービスを強化する楽天証券。マック向けの「トレーディングツール」を作るのは同社の懸案の一つだった(写真は同社の楠雄治社長)

ネット証券大手の楽天証券(預かり資産約3.5兆円、総合口座数約183万人)が、アップルの「Mac(マック)」ユーザー向けのサービスを強化している。

2014年末、日本では初めてマック対応のトレーディング(証券売買)ツールである「MARKETSPEED for Mac」サービスをスタートさせたが、今年春には、発注機能を搭載した「バージョン2」をリリース。これでマックだけでなく、MacbookAir、iPhone、iPadなどのデバイスとの連携が一段と便利になった。

なぜMac向けのサービスを強化するのか。同社の戦略について、楠(くすのき)雄治社長に聞いた。

マックユーザーの要望にやっと応えることができた

――マックPCなど、アップルのデバイス向けの証券売買ツールを出したのは、日本では楽天証券が初めてだ。

われわれはネットやコールセンターなどを通して定期的に「VOC」(ボイスオブカスタマー)で顧客の要望をつかむようにしているが、実はVOCでは「早くマックPC向けトレディングツールを作ってくれ」という要望が取引ツール案件で常にトップだった。

複数の個別銘柄の値動きが瞬時にわかり見やすい画面。最新の「マーケットスピード」では、アップルの特性を最大限に引き出した

実際、マックユーザーが10%を超えてきているとも言われており、お客様の声に応えるべき時がきた。一方、デバイスということで行けば、35%(国内株式)、54%(先物・OP)、65%(FX)のお客様が、スマートフォン経由で注文している。

株取引においても、3年以内にスマホの取引客はパソコンを上回ると見ている。

スマホアプリもお客様の利便性を高めるため、継続的に機能強化を行っており、4月に発売されたApple Watchにもすでに対応している。時計を見る感覚でいつでもどこでも株価を確認することができ、さらに指定した株価到達時や最新ニュース発表時にもApple Watchに通知が届く。

日本はiPhoneやiPadのユーザーも多く、「取引はスマホで、通常の口座管理などはPCで」という役割分担ができるようになれば、顧客の利便性とシェア拡大につながる。

次ページ楽天証券の「2本柱」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT