原発事故で外国人従業員が大量帰国した外食産業の動向、リンガーハットではすぐに復帰


同社では外国人の教育を、震災以前からかなり重視していた。「約2年半前から言葉、特に敬語の使い方をロールプレイイングで研修している」(同社)。外国人従業員への研修をしっかり行う企業では、店舗への忠誠心が高まり、職場復帰が早まったようだ。

外食業界の中では、「サンマルクカフェ」等のサンマルクホールディングスのように、元々外国人従業員の採用を原則禁止としている企業もある。同社の片山直之社長は「日本は入国審査の責任を企業に押しつける制度になっている。われわれはその責任を負うことはできない」とスタンスは明解だ。

これから日本企業は多くの外国人を雇うようになるだろう。外国人従業員の数が多くなると、その状態に慣れてしまって、外国人従業員への配慮を忘れてしまうこともある。日本語を話し、日本の習慣に慣れているように見えても、外国人従業員が日本人従業員とまったく同じ立場にあるわけではない。震災によって、外国人への研修やサポートが重要であることが明確になった。
(二階堂 遼馬 =東洋経済HRオンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT