米サーベラス、西武HD株売却へ

最大8億7800万ドル(約1063億円)

 5月21日、米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントは、西武ホールディングス株式を売却する。写真は西武鉄道のロゴ、2013年6月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[香港 21日 ロイター] - 米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントは、西武ホールディングス<9024.T>株式を売却する。売出規模は最大で8億7800万ドル(1063億1000万円)相当だという。トムソン・ロイター傘下のIFRが入手したタームシートにより分かった。

売出株数は3375万株。仮条件レンジは1株当たり3055―3150円と、21日の終値に対するディスカウント率は最大で7.4%。

サーベラスは在日拠点の現地法人、サーベラス・ジャパン(東京都千代田区)の鈴木喜輝社長ら主要メンバー約15人が今春に同社を退社するなど、日本事業を縮小している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。