米サーベラス、西武HD株売却へ

最大8億7800万ドル(約1063億円)

 5月21日、米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントは、西武ホールディングス株式を売却する。写真は西武鉄道のロゴ、2013年6月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[香港 21日 ロイター] - 米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントは、西武ホールディングス<9024.T>株式を売却する。売出規模は最大で8億7800万ドル(1063億1000万円)相当だという。トムソン・ロイター傘下のIFRが入手したタームシートにより分かった。

売出株数は3375万株。仮条件レンジは1株当たり3055―3150円と、21日の終値に対するディスカウント率は最大で7.4%。

サーベラスは在日拠点の現地法人、サーベラス・ジャパン(東京都千代田区)の鈴木喜輝社長ら主要メンバー約15人が今春に同社を退社するなど、日本事業を縮小している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT