親鸞 津本陽著

親鸞 津本陽著

自らも浄土真宗門徒であり、『弥陀の橋は』『無量の光』で二度にわたって親鸞の伝記を著した歴史小説家が、あらためて親鸞の人物像と浄土真宗の教えを説く。

「女犯」の罪を犯し妻帯、子どもまでつくった親鸞。生涯の師となる法然と出会い、人生に光明を見いだす親鸞。関東の地で社会の底辺に生きる人たちを知り衝撃を受ける親鸞。著者はこうした逸話を語りながら、人生に苦悩する人間・親鸞の姿を多面的に浮き彫りにする。

また、「他力本願」「悪人正機説」の本来の意味とは何かなど浄土真宗の要諦を、著者自身の信仰を交えながら解説。巻末には、『教行信証』の末尾にある「正信偈」の全文と訳も掲載されている。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT