スシロー、賠償請求も「非常識少年」また出る必然 炎上の専門家「想像力のない人にSNS時代は酷」

拡大
縮小
回転寿司チェーン「スシロー」で迷惑行為を行った少年に対して、運営会社「あきんどスシロー」が約6700万円の損害賠償請求をしていたと報じられた(編集部撮影)

しょうゆボトルの注ぎ口をなめ、湯飲みをなめ……。回転寿司チェーン「スシロー」で迷惑行為を行った少年に対して、運営会社「あきんどスシロー」が約6700万円の損害賠償請求をしていたと報じられた。

一連の迷惑行為を収めた動画は、テレビでも幾度となく流れたので、記憶に残っている読者も多いだろう。多額な賠償金を求めることで、SNS上では「模倣犯の抑止力になるのでは」といった声もでている。

しかし、ネットメディア編集者として、長年この手の「炎上ネタ」を見てきた筆者は、またすぐに同様の事案が発生するとみている。

現状の6700万円から、さらなる増額を行う方針も

ことの経緯を、おさらいしよう。2023年1月、岐阜県内のスシロー店舗において、先の迷惑行為が動画に収められ、SNS上へ投稿された。すぐさま「炎上系インフルエンサー」と呼ばれる、人気SNSユーザーによって拡散され、広く知られることになる。

あきんどスシローが2023年2月1日に公表したリリース。対象店舗や防止策などを公表した(編集部撮影)

あきんどスシローは動画拡散の数日後、該当店舗を公表したうえで、湯飲みの洗浄や、しょうゆボトルを入れ替えたと発表。少年と保護者から謝罪を受けたとしつつ、「刑事、民事の両面から厳正に対処」すると説明した。

その具体的な対応が、今回明らかになった損害賠償請求だ。6月上旬の各社報道によると、あきんどスシローは3月22日付で、少年への損害賠償を求めて、大阪地裁に提訴した。迷惑行為によって、親会社(FOOD & LIFE COMPANIES、東証プライム上場)の株価にも影響。訴状には、今後9300万円程度の損害が見込まれるとして、現状の6700万円から、さらなる増額を行う方針も盛り込まれているという。

対する少年側の答弁書では、反省の態度を見せつつ、スシローの客減少の要因には他社との競合もあるとして、請求棄却を求めていると伝えられている。

次ページ請求額は「法外」なのか? ネットの声は…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT