小切手2億4100万円着服で日本郵便の現職職員が逮捕

小切手2億4100万円着服で日本郵便の現職職員が逮捕

東京地検特捜部は、郵便事業株式会社(以下、日本郵便)の職員による業務上横領事件に着したと4月12日に発表した。

被疑者は東京都青梅市の日本郵便職員、櫛原也寸志(45歳)で、同日逮捕された。櫛原容疑者は昭島支店の業務企画室課長代理等として勤務し、郵便物の集荷や郵便料金の集金等に従事していたが、2009年1月頃~11年2月頃までの間、顧客から郵便料金の支払いとして、小切手計280枚(額面計約2億4100万円)を受け取り、自己の用途に充てるために着服して横領した。

日本郵便が櫛原容疑者に対する処分をしていないほか、本人も辞職届けなどをしていないために、13日現在、櫛原容疑者はなお日本郵便の職員である。日本郵便が処分をしていないのは、取り調べがこれからなので。同様の理由から、再発防止策の検討も13日現在では、なされていない。

本件は、法務省や最高検察庁が先週打ち出した「特捜部の取り調べ全面可視化」の試行第1号となる可能性が高い。
(山田 雄一郎=東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT