小切手2億4100万円着服で日本郵便の現職職員が逮捕

小切手2億4100万円着服で日本郵便の現職職員が逮捕

東京地検特捜部は、郵便事業株式会社(以下、日本郵便)の職員による業務上横領事件に着したと4月12日に発表した。

被疑者は東京都青梅市の日本郵便職員、櫛原也寸志(45歳)で、同日逮捕された。櫛原容疑者は昭島支店の業務企画室課長代理等として勤務し、郵便物の集荷や郵便料金の集金等に従事していたが、2009年1月頃~11年2月頃までの間、顧客から郵便料金の支払いとして、小切手計280枚(額面計約2億4100万円)を受け取り、自己の用途に充てるために着服して横領した。

日本郵便が櫛原容疑者に対する処分をしていないほか、本人も辞職届けなどをしていないために、13日現在、櫛原容疑者はなお日本郵便の職員である。日本郵便が処分をしていないのは、取り調べがこれからなので。同様の理由から、再発防止策の検討も13日現在では、なされていない。

本件は、法務省や最高検察庁が先週打ち出した「特捜部の取り調べ全面可視化」の試行第1号となる可能性が高い。
(山田 雄一郎=東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT