レクサスが小さな高級SUV「LBX」に込めた挑戦 オーダーメイドも導入し余裕ある富裕層へ訴求

✎ 1〜 ✎ 138 ✎ 139 ✎ 140 ✎ 最新
拡大
縮小
イタリア・ミラノで発表されたレクサス「LBX」。ハイブランドのスニーカーのような高級コンパクトSUV(写真:トヨタ自動車)

トヨタ自動車は、イタリア・ミラノでレクサスの新型車「LBX」を発表した。

この記事の画像を見る(72枚)

既存車種のモデルチェンジではなく真っさらな新車ということで、事前にはいったいどんなクルマが登場するのか話題になっていたが、蓋を開けてみるとそこにはいわゆる欧州Bセグメントに類するコンパクトSUVの姿があった。

今このタイミングであえてコンパクトSUVをラインナップに加える。正直に言うと、当初はその意図がよくわからなかった。

目下、世界的に中間層は沈んでおり、一方で富裕層はグローバルに見れば一気にその数を増やし、消費意欲も旺盛だ。それを見据えてメルセデス・ベンツのように、コンパクトカーのラインナップを縮小し、ハイエンドモデルを拡充していくと宣言しているブランドもある。

何を隠そうレクサスだって、セダン「LS」に加えてSUVの「LX」、そして4月の上海モーターショーで新型を発表したばかりのMPV「LM」とトップモデルの層に厚みをもたせてきている。重層化し多様化するこの層のニーズにセダンだけで対応するのではなく、フラッグシップを群で揃える戦略でラグジュアリー市場に臨んでいるのだ。

目指したのはハイブランドのスニーカー

さらに言えば、いわゆる小さな高級車というチャレンジは、これまで必ずしもうまくいったというわけではない。フランスの国民的大衆車にレザーシートなどの豪華な内装を与えた1980年代のルノー「サンク バカラ」も、あるいは小型ハッチバックに上級車用の多気筒エンジンを積み込んだフォルクスワーゲン「ゴルフVR6」も、評価は非常に高かったがラグジュアリーカー市場を一変させるには至らなかったというのが実際のところである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな中で、ブランドをあえて下方に広げるような動きはその意図が掴めなかったというわけだが、実際にその発表に立ち会うべくミラノに赴き、クルマをじっくりと観察し、レクサスの首脳陣と話すうちに、LBXの目指す世界の輪郭が、ずいぶん明確になってきた。

目指したのは「本物を知る人が、素の自分に戻り気負いなく乗れるクルマ」だという。例として挙げられていたのは、某ハイブランドのスニーカー。気軽に身に着けて、場所を選ばず出掛けることができるけれど、質は高く履き心地に優れ、わかる人には「オッ」と言ってもらえる。そんな存在だ。

次ページヤリスクロスとの相違点は
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT