カイゲンは今月中旬に仙台営業所の営業再開【震災関連速報】

カイゲンは今月中旬に仙台営業所の営業再開【震災関連速報】

風邪薬「改源」の医薬品メーカー、カイゲンは東日本大震災で被災し、営業停止している仙台市若林区の仙台営業所を、今月中旬から順次営業を再開する。製品供給についても在庫があり、当面の影響はない模様だ。

被災地区の社員については安否確認がとれており、人的被害はなかった。営業停止中の仙台営業所管轄は埼玉県さいたま市の大宮営業所が代行していた。カイゲンによると「製品は2~3カ月程度の在庫を保有しており、製品供給に影響を及ぼすことは想定していない」。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。