大日本住友製薬は被災した埼玉・加須の東京物流センターが復旧【震災関連速報】

大日本住友製薬は被災した埼玉・加須の東京物流センターが復旧【震災関連速報】

大日本住友製薬は5日、東日本大震災で被災した埼玉県加須市の東京物流センターが通常業務に復帰したと発表した。また、岩手県盛岡市の北東北支店、宮城県仙台市の南東北支店など4支店の社員に対する自宅待機を解くなど、震災の直接被害からは復旧した。

大日本住友は、生産拠点が三重・鈴鹿、大阪・茨城、愛媛、大分とすべて西日本にあることから被災を免れ、生産体制には支障がなかった。だが東日本の物流拠点である東京物流センターは倉庫内のクレーンが故障して出荷できない状態に陥っていた。

停止中は大阪と神戸の物流センターがバックアップしていたが、3月末以降ほぼ通常どおりに出荷作業が行えるようになった。また北東北、南東北と茨城県水戸市の茨木支店、東京都台東区の北関東支店は、社員が出社して営業活動と被災地の支援活動に取り組んでいる、という。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?