大日本住友製薬は被災した埼玉・加須の東京物流センターが復旧【震災関連速報】

大日本住友製薬は被災した埼玉・加須の東京物流センターが復旧【震災関連速報】

大日本住友製薬は5日、東日本大震災で被災した埼玉県加須市の東京物流センターが通常業務に復帰したと発表した。また、岩手県盛岡市の北東北支店、宮城県仙台市の南東北支店など4支店の社員に対する自宅待機を解くなど、震災の直接被害からは復旧した。

大日本住友は、生産拠点が三重・鈴鹿、大阪・茨城、愛媛、大分とすべて西日本にあることから被災を免れ、生産体制には支障がなかった。だが東日本の物流拠点である東京物流センターは倉庫内のクレーンが故障して出荷できない状態に陥っていた。

停止中は大阪と神戸の物流センターがバックアップしていたが、3月末以降ほぼ通常どおりに出荷作業が行えるようになった。また北東北、南東北と茨城県水戸市の茨木支店、東京都台東区の北関東支店は、社員が出社して営業活動と被災地の支援活動に取り組んでいる、という。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。