朝日新聞の中国侵略 山本武利著

朝日新聞の中国侵略 山本武利著

戦争報道で新聞の部数が増えるのは古今東西を問わないが、日本では朝日新聞の「活躍」が目立った。もちろん軍部との露骨な協力関係は報道機関の中立性を損なう。いかに目立たず実を取るか。半世紀近くジャーナリズム研究に携わってきた著者が、膨大な蓄積資料の解読や中国、米国での資料渉猟を経て解明した朝日新聞の「中国進出」史。朝日が主導権を握り上海で刊行された『大陸新報』の創刊から敗戦後処理までの7年を詳細にたどり、部数を欲しがる新聞の宿命を見事に描き出している。

朝日に連載された「新聞と戦争」で語られなかった汚点も容赦なく追及され、朝日の大陸戦略が明確に見えてくる。大幹部の緒方竹虎がどのように考え行動したかが最大の焦点だが、戦後のイメージとかなり違った人物像なのも興味深い。軍部にとってリベラルな朝日は利用価値が高かったという落とし穴の怖さとリーダーシップの重要さがよくわかる。労作である。(純)

文芸春秋 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。