ルフトハンザ、欧州の旅客需要が減ったワケ

4日間続いたパイロットのストが重石に

 4月13日、ルフトハンザは3月の欧州旅客需要が減少したと明らかにした。写真はデュッセルドルフ空港内にある同社などのカウンター。3月撮影(2015年 ロイター/Ina Fassbender)

[ベルリン 13日 ロイター] - 独ルフトハンザ<LHAG.DE>は13日、座席キロ収入で見た3月の欧州旅客需要が2.5%減少したと明らかにした。4日間続いたパイロットのストが重しになった。

全体では、グループ需要が1.9%増、有償座席利用率(ロードファクター)は0.6%ポイント上昇して77.5%となった。

格安航空部門、ジャーマンウィングスの個別データは公表しなかった。同社機は先月、フランスアルプスで墜落した。

同社は「この痛ましい事故に関する重要な捜査を行う検察当局を引き続き全力で支援する」とした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT