ルフトハンザ、欧州の旅客需要が減ったワケ

4日間続いたパイロットのストが重石に

 4月13日、ルフトハンザは3月の欧州旅客需要が減少したと明らかにした。写真はデュッセルドルフ空港内にある同社などのカウンター。3月撮影(2015年 ロイター/Ina Fassbender)

[ベルリン 13日 ロイター] - 独ルフトハンザ<LHAG.DE>は13日、座席キロ収入で見た3月の欧州旅客需要が2.5%減少したと明らかにした。4日間続いたパイロットのストが重しになった。

全体では、グループ需要が1.9%増、有償座席利用率(ロードファクター)は0.6%ポイント上昇して77.5%となった。

格安航空部門、ジャーマンウィングスの個別データは公表しなかった。同社機は先月、フランスアルプスで墜落した。

同社は「この痛ましい事故に関する重要な捜査を行う検察当局を引き続き全力で支援する」とした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。