ここにも風評被害?厦門から引き返した商船三井のコンテナ船は神戸での再々検査を終えて1日にも香港に向かう【震災関連速報】

ここにも風評被害?厦門から引き返した商船三井のコンテナ船は神戸での再々検査を終えて1日にも香港に向かう【震災関連速報】

中国国家品質監督検査検疫総局に「船体の放射線量に異常が認められた」とされて福建省の厦門(アモイ)港から神戸港に引き返した商船三井のコンテナ船が、4月1日にも再び香港に向けて日本を出港する。同船は厦門と香港に向かう途中だった。

中国側が指摘した放射線量は最大で3.5マイクロシーベルト。同船は機械部品や古紙、雑貨を積み、3月17日に東京港を出発。22日に厦門港に入港したが、22日に検査を受けて放射線量の異常を指摘された。

再検査のために沖合に出て、26日に再検査を受けた。第三者による再検査や洗浄など現地での対応が認められないために荷物の積み降ろしがかなわず、27日に日本に引き返すことを決断。30日に神戸港に到着し、30~31日の両日、日本海事検定協会の検査を受けていた。1日に香港に値を告げ、入港の可能性を確かめてから香港に向かう。

同船は20フィート換算のコンテナを6400個積んだ中型のコンテナ船。日本海事検定協会の検査では、放射線量は微量だった模様。中国側は放射線量の上限などの基準を開示していない。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。