トヨタが新工場決断、凍結解除で反転攻勢

3年間の沈黙を破り、中国とメキシコに照準

新工場となれば、1年前倒しでの凍結解除となる。ただ実は「3年」には、もともとさほど意味はない。

「従来の延長線上で何も考えず、需要が増えるから新工場、というのはダメ。既存設備を徹底的に使い尽くすなど考え抜く。それでも新工場が必要な場合、投資額を大きく減らす工場ができるか。できなければ4年経っても凍結解除はない。逆にいえば、できるならいつ解除してもいい」。年初に最高首脳は“凍結”の意味をこう説明していた。

生産現場の改善成果が出始める一方で、中国や北米市場では将来の供給能力の逼迫懸念が高まっていた。競合相手の独フォルクスワーゲンは積極投資でトヨタを上回る生産能力を築こうとする。それでも、何度か経営トップへ上げられた新工場計画に、ゴーサインは出ないままだった。

そして機は熟した

3月26日の報道関係・アナリスト向けの説明会。車両系生産技術・製造本部長の牟田弘文専務役員は「(工場を建設する際の設備投資額を)2008年に比べ約4割減らせるメドがついた」と胸を張った。

豊田社長は2014年5月に決算発表の席上、「意志ある踊り場」との表現で、目先の台数や業績でなく、20年、30年先まで持続的に成長できる競争力を磨く考えを示した。わずか1年で基盤作りが終わったわけではない。が、今年以降、経営のバランスは、「守り」より「攻め」の色が強まりそうだ。

「週刊東洋経済」2015年4月18日号<13日発売>「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。