有料会員限定

「英語の学び直し」で威力を発揮する6つの法則 中学英語をベースにパターンをマスター

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

「英語はもうできない」と諦めている40〜50代は多いはずだ。しかし、勉強法を少し変えるだけで成果は違ってくる。

サムズアップするビジネスパーソン
英語を使うために大切なのは「どんなときにそれを使うのか」をすぐに判断できることだ (写真:Graphs/PIXTA)

特集「40〜50代の英語術」の他の記事を読む

3月27日発売の『週刊東洋経済』では、「中学レベルから学び直す40~50代の英語術」を特集(アマゾンでの購入はこちらから)。40~50代から始める英語の勉強計画や中学英語をベースにした理解を早める法則、TOEICの攻略法などを紹介している。この記事は本特集内にも収録しています。
週刊東洋経済 2023年4/1号[雑誌](中学レベルから学び直す40〜50代の英語術)
『週刊東洋経済 2023年4/1号』の第1特集は「中学レベルから学び直す40〜50代の英語術」。アマゾンでの購入はこちらから

英語の勉強をやり直したいのだけれど、どう始めればよいのか、よくわからない。とくに40〜50代の「学び直し世代」の人たちの中にはそういう思いで悩んでいる人たちが多いのではないだろうか。

「学生時代はずっと英語は苦手だったが、この機会にぜひ再挑戦したい」「TOEICのスコアを上げるために文法をマスターしたい」。こんな目標を持っている人たちにぜひ勧めたいのは中学英語をしっかりと身に付けることである。

私はこれまで中学英語を解説した本を120冊以上書いてきた。それらの本の読者の声を聞くと、「学生時代にたくさん英語を学んできたにもかかわらず、ビジネスや海外旅行などでいざ使おうと思っても、さっぱり英語が浮かばない」という人たちが多い。日本語で話すときはどんな言葉を使うべきか瞬時に判断できるのに、英語ではできないという。

覚えてほしい「6大法則」

英語を使うために大切なのは複雑な説明や構造を頭にたたき込むことではない。「どんなときにそれを使うのか」をすぐに判断できることである。そのために皆さんに活用してもらいたいのが私が考案した「長沢式メソッド」である。とくに学び直しを始めるときの初期段階でぜひ覚えてほしいのが図表にしたような「6大法則」だ。

次ページ6大法則1〜3
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
40〜50代の英語術
完璧主義を捨てて「挫折」を減らすための具体策
中学英語をベースにパターンをマスター
中学英語の教科書を何度も大声で暗唱しよう
英語を基礎からやり直したい人に最適なテスト
英語から離れている人はまずは500点を目標に
自分の目標のレベルを欲張らないのが重要
聞く、話す、読む、書く…目的に最適なものは?
中学英語の文法と語彙は十分にマスターできる
シーン別レッスンも、いつでもどこでも学べる
カジュアル、フォーマルで言い方もも使い分ける
基本単語の暗記から始める英語の学び直し
選定の7カ条、主要10サービスの特長も比較
安河内哲也氏が推奨「使える英会話」ダイジェスト
聞き取れなかったときのフレーズの暗記が大事
発音から会話まで目的別おすすめ13チャンネル
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内