日銀の「岸田リスク」は消えていないかもしれない 植田日銀で為替は「1ドル=120円」に向かう

✎ 1〜 ✎ 156 ✎ 157 ✎ 158 ✎ 最新
拡大
縮小
植田和男・東大名誉教授が日銀の次期総裁へ。妥当な人事だが「岸田リスク」は消えていないのかもしれない(2006年撮影:尾形文繁)

日本銀行の正副総裁人事案が明らかになった。大きな「岸田リスク」になりうる事案として懸念されたこの人事だったが、当面は無難に見える。

次期「正副総裁」の人事は妥当

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

総裁に任命された植田和男氏は、報道によると、もともと本命の候補ではなかった。かつての日銀政策委員会の審議委員であるし、71歳と高齢でもある。

競馬に関連の深い本連載風に言うなら、引退して牧場にいるサラブレッドをG1レースに再び引っ張り出したような趣だ。だが「金融緩和路線を継続してくれそうなイメージの人」なので、市場に「ショック」を与えない人選だ。

日銀総裁の条件として、「学者」であることの必要性には疑問なしとしないが、自由民主党の麻生太郎副総裁が岸田文雄首相に述べたとされる「外国の中銀首脳に電話して、雑談から話に入ることができるような人」という国際性の条件を植田氏は満たす。無意識のうちに放談にもなるが、もっぱら雑談ばかりしている麻生氏にとって「本音の話は雑談以外にない」ということなのだろう。

植田氏は、速水優総裁時代に政策委員会の審議委員としてゼロ金利解除に「時期尚早である」として反対票を投じたことがあり、結果から見てこの判断は適切だった。急激な金融引き締めを市場に連想させない総裁だ。

2人の副総裁も妥当な人事だ。

前金融庁長官の氷見野良三氏は国際性も申し分なく、最近の官界には珍しい知性と教養を備えたチャーミングな人物だ。やや気は早いが、植田氏の次の総裁の有力候補だ。「仕組み債の販売を止めなかった金融庁長官」には目をつぶることにする。

もう一方の副総裁に任命された内田真一氏は、日銀プロパーで近年の政策の実行に深くかかわって来た人物で「能吏」の呼び声が高い。実務と組織の取りまとめの点で納得できる人選だ。

こうして正副総裁候補3名を並べて見ると、現在の政策を否定して急激な転換を図ろうとする、特大の「岸田リスク」は回避されたように見える。

次ページ看過できない雨宮副総裁の「発言」
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT