有料会員限定

新NISA、「共働き」なら5000万円以上が非課税だ iDeCo併用なら夫婦各々2600万円まで大丈夫

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
拡大
縮小

2024年1月1日からスタートする新NISA。iDeCoと併用すれば、夫婦共働きで何と5000万円以上が非課税だ。

会見する自民党税制調査会の宮沢洋一会長
与党税制調査会の協議は難航していたが、新NISAだけは歓迎一色だった(写真:時事)

特集「大増税時代の渡り方」の他の記事を読む

今回、2023年度税制改正を受けて、新たなNISA(少額投資非課税制度)がかつてないほど、注目を浴びている。防衛増税など批判が多い中、NISAだけは歓迎されうる項目だ。

振り返ると2014年1月1日にスタートしたのが、現行のNISA(一般NISA)である。その後2016年4月には「ジュニアNISA」が誕生。2018年1月からは「つみたてNISA」が始動した。

一般NISAの場合、非課税期間は5年間で、新規投資ができる期間は2023年12月末まで、という時限措置だった。始まった当初こそ「利用者が増えれば、非課税期間や投資可能期間が延長される」と考えられていた。

しかし、そもそも国民の長期的な資産形成を目的に創設されたものなのに、一般NISAは当初の狙いと違う利用のされ方が主流になる。年間投資額で120万円が設けられたが、積み立てを前提としないことから、株やレバレッジ型など、リスクの高い商品に一括投資する人が増加。大きく儲けた分を非課税で受け取る使い方が増えていったからだ。

仕組みが複雑、葬られた“2階建て”構想

週刊東洋経済 2023年2/4特大号[雑誌](大増税時代の渡り方)
週刊東洋経済2023年2/4特大号では「大増税時代の渡り方」を特集。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

これに不満を抱いた金融庁が本腰を入れ、個人の長期資産形成に資する制度として2018年から本格的に開始されたのが、今あるつみたてNISAである。年間投資額を40万円に抑える一方、非課税期間を20年間と長期にした。金融庁としては、つみたてNISAを拡充する一方、一般NISAは徐々にフェードアウトさせたい、という意向があったと思われる。

2020年度の税制改正大綱に盛り込まれたのが、両NISAを統合した、いわゆる“2階建て”のNISA。2023年末で終わる一般NISAに代わる構想として検討された。しかし、積み立て投資をした人だけが個別株に投資できるという、2段階の仕組みが複雑すぎたため、業界内外の不評を買う。うがった見方をすれば、あえて使い勝手を悪くすることで、国民の目をつみたてNISAに向ける狙いがあったと考えられなくもない。

次ページシニアは一般、ミドルはつみたてNISAへ
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大増税時代の渡り方
賃料下落や中途解約できないなどのリスクも
43兆円も歳出削減や税外収入だけでは賄えない
全国の道路がすべて有料道路になるのと同じ
保険の効かない出産にかかる費用は平均48万円
24年秋のマイナ保険証移行で一気に使いやすく
保険料アップ、相部屋料発生、ケアプラン有料化
要支援1以上の4品目からレンタルでなくなる?
中室牧子・慶應大学総合政策学部教授に聞く
厚生年金で支える案、納付を延ばす案が浮上
2023年度は3年ぶり増だが物価より低い伸び率
iDeCo併用なら夫婦各々2600万円まで大丈夫
NISA対象投信の純資産総額ベスト&ワースト20
つみたてNISAを始めるならここで間違いなし
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内