「かぐや姫」は、お家騒動を逆手に取れ!

大塚家具・久美子社長へ薦めたいPR必勝法

(撮影:梅谷秀司)

経営権をめぐり、創業者の父・大塚勝久会長とその長女・大塚久美子社長が争った大塚家具の株主総会は、久美子社長の続投決定で幕を下ろした。

今回のゴタゴタは、世間一般に強烈なインパクトを与えた。消費者はあまりいい印象を持たず、この騒動を受けて大塚家具の売り上げや来客数は急減。大塚家具が4月1日に発表した実績によると、3月の売上高は前年同月比37%も減った。筆者は放送作家で戦略的PRコンサルタントでもある。もし、大塚家具からPR戦略について仕事の依頼がきたらどんな戦略がありえるだろうか。考えてみたい。

「かぐや姫」に提案する3つのPR戦略

久美子社長の続投によって、大塚家具の戦略はかつての高級路線から大衆志向へと転換される可能性がある。今回の騒動による久美子社長の露出は、今まで大塚家具を知らなかった人が、初めて認識したということもあるかもしれない。であれば、消費者が影響を受けやすいテレビ番組に社長みずからがアピールをするというのは、戦略のひとつとしてありえる。主なアイデアを3つ提案しよう。

戦略その① 「久美子社長を広告塔にせよ」

久美子社長は今回の騒動で、テレビだけでなくネット、新聞、雑誌などに顔が出まくった。今や誰でも知っている社長である。文化人として芸能事務所にマネジメントだけを依頼するか、文化人のマネジメントをしたことあるマネジャーを雇ってタレント業をやり、広告塔の役割を狙うのが望ましい。通常なら、テレビ東京の経済情報番組「ワールドビジネスサテライト」を狙いそうだが、同番組は消費活動には直結しない。もちろん株主対策にはなるが、直接的に売り上げには関係しにくいと思われる。

次ページバラエティ番組も狙える?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT