裸で裸体の作品鑑賞、カナダで特別イベント

参加者は会場に設けられたスペースで脱衣

3月27日、カナダのオンタリオ州にあるカナダ・カウンシル・アート・バンクで、来場者が洋服を脱いで館内の展示作品を鑑賞する特別イベントが開催された(2015年 ロイター/Aaron Harris)

[27日 ロイター] - カナダのオンタリオ州にあるカナダ・カウンシル・アート・バンクで27日、来場者が洋服を脱いで館内の展示作品を鑑賞する特別イベントが開催された。 このイベントは、3月7日から開催されている「Getting Naked」と題された展覧会に合わせて行われた。

カナダ・カウンシル・アート・バンクは、裸体に関する作品を裸で鑑賞することで、作品との間に今までとは異なった関係が生まれることを期待しているという。参加者は会場に設けられたスペースで服を脱ぎ、その後館内を自由に観てまわった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。