裸で裸体の作品鑑賞、カナダで特別イベント

参加者は会場に設けられたスペースで脱衣

3月27日、カナダのオンタリオ州にあるカナダ・カウンシル・アート・バンクで、来場者が洋服を脱いで館内の展示作品を鑑賞する特別イベントが開催された(2015年 ロイター/Aaron Harris)

[27日 ロイター] - カナダのオンタリオ州にあるカナダ・カウンシル・アート・バンクで27日、来場者が洋服を脱いで館内の展示作品を鑑賞する特別イベントが開催された。 このイベントは、3月7日から開催されている「Getting Naked」と題された展覧会に合わせて行われた。

カナダ・カウンシル・アート・バンクは、裸体に関する作品を裸で鑑賞することで、作品との間に今までとは異なった関係が生まれることを期待しているという。参加者は会場に設けられたスペースで服を脱ぎ、その後館内を自由に観てまわった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。