難民向けのインターンを開始 ユニクロが支援活動に励む理由

難民向けのインターンを開始 ユニクロが支援活動に励む理由

新手の手法でグローバル人材を育成--。ユニクロを展開するファーストリテイリングは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と提携、6月から日本に1900人いるとされる難民を対象にインターンシップを始める。全国の店舗で接客などの研修を提供するほか、店員としての採用も検討。2006年から世界の難民キャンプへ国内店舗で回収した衣料品を提供してきたが、UNHCRとの提携で支援活動の幅を広げる。

もっとも、目的は難民支援だけにとどまらない。今回の取り組み自体は「(業績など)金銭的なプラスはないが、人材育成の面での効果は計り知れない」と大苫直樹上席執行役員。実際、難民を受け入れるだけでなく、ユニクロ自らも9月から国内社員数人を難民キャンプに派遣。各国のUNHCRのスタッフと約半年間行動を共にし、支援活動に参加する予定だ。飢餓など多くの問題を抱える地域での活動に携わることで「グローバルな視野を広げるだけでなく、短時間に問題を解決する力を養ってもらいたい」(大苫氏)と期待する。

同社は目下、中国などアジアを中心に海外出店を加速。13年入社予定の新卒採用では、最大8割前後を外国人にする考えを示しており、海外展開を支える人員の確保が急務。UNHCRとの異例のタッグは実を結ぶか。

◆ファーストリテイリングの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(鈴木良英 =週刊東洋経済2011年3月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?