サンデンは主力2工場が一部操業止まるも16日に全ラインで生産再開【震災関連速報】

サンデンは主力2工場が一部操業止まるも16日に全ラインで生産再開【震災関連速報】

カーエアコンや自動飲料販売機向けにコンプレッサーを製造するサンデンが、東日本大震災で受けた被害は軽微だったようだ。

主力の八斗島製作所(群馬県伊勢崎市)と赤城製作所(群馬県前橋市)は、地震の揺れによって工場の屋根や外壁、一部の製造設備が損傷したが、従業員に怪我はなかった。
 
 すでに設備点検を終え、14日から一部で操業を再開。16日には計画停電による制約はあるものの、全ラインで生産を再開した。

ただ一部、材料の調達先で被災したメーカーがあり、供給不足が懸念されている。当面は手持ちの在庫で対応する方針だ。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。