15日発生の静岡地震でアマダ富士宮事業所が一時停電も被害は軽微【震災関連速報】

15日発生の静岡地震でアマダ富士宮事業所が一時停電も被害は軽微【震災関連速報】

金属加工機大手のアマダは16日、東日本大震災による生産拠点への影響は軽微だったと発表した。

東日本大震災では、金属加工機の周辺装置を製造する子会社であるアマダエンジニアリングの福島工場(福島県福島市松川町南下原)で、設備の一部が落下するなどの被害を受けた。ただ、建屋そのものへの損害はなかった。

一方、15日夜に発生した静岡県東部を震源とする地震では、主力工場である富士宮事業所(静岡県富士宮市北山)で、照明が落下し、壁が剥落するなどの被害が発生した。

いずれも被害程度は軽微で、3~4日中には修復できるもよう。従業員とその家族の無事も、すでに確認した。ただ、現地では地震発生直後から停電が続いている。もともと、富士宮市は東京電力による輪番停電の対象区域に指定されており、輪番停電の時間帯によって工場の稼働を調整するなどの対応をとっているという。今後は、地震による直接的な被害よりも、電力不足による生産活動への影響が大きくなりそうだ。

(小河 真与 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT