極東開発工業はダンプトラック等製造の横浜工場で通常稼働ができない状況、生産振り替えの可能性も【震災関連速報】

極東開発工業はダンプトラック等製造の横浜工場で通常稼働ができない状況、生産振り替えの可能性も【震災関連速報】

特装車大手の極東開発工業は15日、東日本大震災の影響を受け、横浜工場(神奈川県大和市)で通常の稼働ができない状況にあることを明らかにした。公共交通機関の混乱で出勤の難しい従業員がいるため。計画停電も影響している。

横浜工場では、ダンプトラックや脱着ボデー車、一台積み車両運搬車などを生産している。ここ数年で、横浜工場にダンプトラックの製造集約を行った経緯もあり、稼働が低水準の状況が長引けば、名古屋や兵庫の自社工場へ生産振り替えを行う可能性もある。

また、仙台営業所(宮城県仙台市宮城野区)では壁にひびが入り、ロッカーが倒壊するなどの損傷が生じているとの情報を得ており、本社(兵庫県西宮市)等で情報収集に全力を挙げている。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT