極東開発工業はダンプトラック等製造の横浜工場で通常稼働ができない状況、生産振り替えの可能性も【震災関連速報】

極東開発工業はダンプトラック等製造の横浜工場で通常稼働ができない状況、生産振り替えの可能性も【震災関連速報】

特装車大手の極東開発工業は15日、東日本大震災の影響を受け、横浜工場(神奈川県大和市)で通常の稼働ができない状況にあることを明らかにした。公共交通機関の混乱で出勤の難しい従業員がいるため。計画停電も影響している。

横浜工場では、ダンプトラックや脱着ボデー車、一台積み車両運搬車などを生産している。ここ数年で、横浜工場にダンプトラックの製造集約を行った経緯もあり、稼働が低水準の状況が長引けば、名古屋や兵庫の自社工場へ生産振り替えを行う可能性もある。

また、仙台営業所(宮城県仙台市宮城野区)では壁にひびが入り、ロッカーが倒壊するなどの損傷が生じているとの情報を得ており、本社(兵庫県西宮市)等で情報収集に全力を挙げている。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。