濃厚で官能的な「ベーコンエッグ」家で作る簡単技 カリカリベーコンと卵黄が食欲そそる朝の定番

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小

ベーコンの脂で焼いていくので、油ハネを防ぐために、卵の白身の水っぽい部分をザルなどで除去します。水っぽい部分は水様性卵白という部分で食べられますが、鶏の餌に由来する臭みなどが残っている場合があり、除去したほうが濃厚な味になります。

水様性卵白は少量ですが、捨てるのがもったいないという場合はみそ汁(みそは臭みを消す効果が強い)に入れてください。

白身を取り除いた卵
卵1個分であれば、茶こしなどを使ったほうが簡単です

ベーコンの脂が残っているフライパンに卵を入れ、再び中火にかけます。

フライパンに投入した卵
たっぷりのベーコンの脂で揚げ焼きにします

卵の周りが固まってきたら、スプーンで脂を白身部分にかけながらさらに焼きます。フライパンを傾け、脂を手前に集めるとかけやすく、フライパンが熱源から離れるので温度調整もできます。

卵の白身部分に脂をかけながら焼く
写真は1人分を焼いていますが、2人分の場合はもちろん2個同時に焼いてください

焦げ色がついたら最初に焼いたベーコンをさっと温めます。温めるだけが目的ななので加熱しすぎには注意。

焼き色がついた卵
白身の縁にカリッとした焼き色がつくぐらいが目安です

皿にベーコンを敷き、目玉焼きをのせます。そこにカリカリベーコンを添えます。全体に粒の粗い塩(フルール・ド・セルやマルドン・クリスタルシーソルトなどがおすすめ)をちらします。好みで黒胡椒を挽いてもいいでしょう。

出来上がり。

カリカリベーコンを手で砕いて、フォークとナイフで食べてもいいでしょう

ベーコンエッグにはやはりカリカリに焼いた薄切りの食パンがよく合いますが、醤油を少しかければご飯にもよくあいます。焼いたベーコンにはさまざまな香りが複雑に含まれているので、あらゆる食材と相性がいいのです。

シンプルな料理だけに1つひとつの工程をきちんと踏むことが重要ですが、それ以上に食材選び(この場合はベーコン)が味のカギを握ります。料理の味は技術ではなく、食材で決まるのです。

(写真はすべて筆者撮影)

画像をクリックすると、これまでに紹介した料理の記事が読めます
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT