バフェット氏の有力後継候補2人の横顔

グレッグ・アベル氏とアジット・ジェイン氏

3月1日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(写真)の後継者として経営権を握ることになる人物をめぐっては、常に大きな注目が集まっている。ニューヨーク市で2013年10月撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(84)は、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>を、これまでの50年間で業績低迷の紡績会社から、時価総額3630億ドルの巨大企業へと成長させた。

同社が今後50年間にたどる道筋や、後継者として経営権を握ることになる人物をめぐっては、常に大きな注目が集まっている。

バフェット氏は2月28日、毎年恒例の「株主への手紙」を公表した。その中で、バークシャーの1株当たりの純資産は当初の75万1000倍にまで拡大したと明らかにした。ただ、今後については、平均的な米国企業の業績は上回ると予想した上で、過去のような高成長は見込めないと指摘。10─20年以内に、これまで避けてきた配当支払いや「大規模な」自社株買いを検討する可能性もあるとした。

次ページ後継者候補は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。