バフェット氏の有力後継候補2人の横顔

グレッグ・アベル氏とアジット・ジェイン氏

3月1日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(写真)の後継者として経営権を握ることになる人物をめぐっては、常に大きな注目が集まっている。ニューヨーク市で2013年10月撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(84)は、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>を、これまでの50年間で業績低迷の紡績会社から、時価総額3630億ドルの巨大企業へと成長させた。

同社が今後50年間にたどる道筋や、後継者として経営権を握ることになる人物をめぐっては、常に大きな注目が集まっている。

バフェット氏は2月28日、毎年恒例の「株主への手紙」を公表した。その中で、バークシャーの1株当たりの純資産は当初の75万1000倍にまで拡大したと明らかにした。ただ、今後については、平均的な米国企業の業績は上回ると予想した上で、過去のような高成長は見込めないと指摘。10─20年以内に、これまで避けてきた配当支払いや「大規模な」自社株買いを検討する可能性もあるとした。

次ページ後継者候補は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT