人気爆発のコムドット、後発でも大躍進したワケ リーダー兼社長のやまと「俺らが日本を獲る」の真意

拡大
縮小
人気沸騰の5人組のYouTuber、コムドット。そのリーダーであるやまとが、今見据えているものとは?(撮影:長田慶)
この記事の画像を見る(6枚)

「本当は政治家になりたかったんです。今はもうまったくですが。日本を変える方法は政治だけじゃない。違う角度から変えにいきます」

そう語るのは、コムドットのリーダーのやまと。

コムドットは2018年に結成した5人組のYouTuber。モデルなどとしても活動を広げ、2021年12月に発売した写真集は芸能人らを一気に抜き去り、男性歴代1位を記録。雑誌の表紙を続々と飾り、CMや地上波での冠番組が始まるなど、ネットの枠を超えて一大ムーブメントを巻き起こしている。

「リアルに夢をかなえる姿や、世の中の理不尽と戦う姿勢を見てもらいたい」

自他ともに認める「戦略家」であり、自らを「革命家」とも称するやまとに、さらなる挑戦への思いを語ってもらった。

夢や目標数値をあえて宣言してきた理由

コムドットが始動したのは、今から4年前の2018年10月1日。当時やまとは19歳で、大学在学中だった。中学校のバスケットボール部出身の幼なじみ5人で結成し、「地元ノリを全国へ」というスローガンを掲げ、活動を開始。

日常を切り取ることや自分たちが素直に楽しむことを前面に打ち出した「24時間ドロケイ」「カラオケドライブ」「クレジットカードの旅」 などの動画で、人気を着実に積み上げていった。

(写真提供:コムドット)

結成当時、将来なりたい職業のランキングでYouTuberが上位になるなど、すでに市場は群雄割拠の状態だった。

「今から、無名のYouTuberが人気を得るのは不可能」。多くの人がそう思う中、コムドットは“新世代のYouTuber”として、瞬く間に登録者数を積み上げていった。

次ページ夢や目標を宣言し、努力する姿を隠さず発信してきた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT