ソフトバンクが断続的な通信規制を実施。通信障害も【震災関連速報】

ソフトバンクが断続的な通信規制を実施。通信障害も【震災関連速報】

移動体通信大手のソフトバンクでは、東日本大震災の影響を受けて、断続的に通信規制を行う状態が続いている。14日午前9時より、一時解除していた通信規制を再開したが、同午後5時頃、再び規制を解除した。当面はこうした状態が繰り返されそうだ。

今朝から実施されていた規制は東北・関東地域において、携帯電話から固定電話へとかける通話を対象としたもの。地域により異なるが、最大で70%をつながらないようにしていた。14日より平日になり、通信量の増大が見込まれることを踏まえた措置だ。

だが、午後5時には、早くもこの規制を解除した。同社では、通信量の推移を踏まえ、臨機応変に規制と解除を行っていく予定。

通信障害も続いている。14日午前時点で、停電や設備の破損により機能していない携帯電話基地局は、1809局。宮城県を中心に、携帯電話がつながりにくくなっており、復旧のメドは未定だ。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。