ソフトバンクが断続的な通信規制を実施。通信障害も【震災関連速報】

ソフトバンクが断続的な通信規制を実施。通信障害も【震災関連速報】

移動体通信大手のソフトバンクでは、東日本大震災の影響を受けて、断続的に通信規制を行う状態が続いている。14日午前9時より、一時解除していた通信規制を再開したが、同午後5時頃、再び規制を解除した。当面はこうした状態が繰り返されそうだ。

今朝から実施されていた規制は東北・関東地域において、携帯電話から固定電話へとかける通話を対象としたもの。地域により異なるが、最大で70%をつながらないようにしていた。14日より平日になり、通信量の増大が見込まれることを踏まえた措置だ。

だが、午後5時には、早くもこの規制を解除した。同社では、通信量の推移を踏まえ、臨機応変に規制と解除を行っていく予定。

通信障害も続いている。14日午前時点で、停電や設備の破損により機能していない携帯電話基地局は、1809局。宮城県を中心に、携帯電話がつながりにくくなっており、復旧のメドは未定だ。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT