トヨタ、賃金ベアをめぐる労使の神経戦

会社側は「想定以上に高い」とけん制

デフレ脱却の牽引役を果たせるか

幅広く利益を還元していく中で自社の賃上げを抑制すれば、自社従業員を後回しにしていると言われかねない。デンソーやアイシン精機といったグループ会社にとって、トヨタの妥結額が事実上の”天井”となっている。トヨタ系だけでない。独立系自動車部品メーカーの副社長は「トヨタを常に見ている。昨年もトヨタの決着を見て、少し下回る水準にした」と打ち明ける。

トヨタが賃上の幅を抑制すると、他の企業の賃上げも抑制される。それでは産業界のリーダーとしてデフレ脱却の”牽引役”を果たせない。しかし、トヨタの業績が絶好調とはいえ、トヨタ系の部品メーカーすべてが一様に上り調子なわけではない。トヨタ系中堅部品メーカーの役員は「トヨタはベアでの満額回答があるかもしれない。そうなればウチもゼロ回答は難しいので、そうならないことを願っている」といった声があることも確かだ。

前述の副社長も「組合の期待が高まるので、トヨタが満額にはしないでほしい」と漏らす。トヨタは労組を牽制しているが、自分たちの労使交渉の”ベンチマーク”となるトヨタの回答に対し、トヨタ系部品メーカーが警戒するという構図ができあがっている。

本来、賃上げは自社の競争力を考えながら、労使で決めていくもの。しかし、突出した存在感から好むと好まざるとにかかわらず、トヨタは日本経済全体への目配りを求められてしまう。要求への回答日は3月18日。トヨタの組合員だけでなく、他社の経営者、組合も交渉の行方にかたずをのんで見守っている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。