家電量販店のコジマは東北エリアの店舗が被災、実態把握が追いつかず。不採算店閉鎖計画に狂い生じるおそれも【震災関連速報】

家電量販店のコジマは東北エリアの店舗が被災、実態把握が追いつかず。不採算店閉鎖計画に狂い生じるおそれも【震災関連速報】

栃木県宇都宮市に本社を構える家電量販店のコジマは、東日本大震災を受けて東北地域の店舗が深刻な影響を受けているもようだ。当社は青森県に3店、岩手県2店、宮城県6店、福島県6店、茨城県5店を構えている。このうち数店と連絡が取れず、被害状況も把握できていない状況にある。

宮城県では名取エアリ店や石巻西店など、津波の被害を受けた地域に複数の店舗がある。ライフラインが復旧していないため、従業員の安否についても完全に確認が取れていないという。東北では複数店で一部営業を続けているが、カセットコンロや乾電池などは品切れが続出している状況だ。

関東圏でも地震の被害を受けており、店舗の安全確認に追われている。東京近郊でも懐中電灯などの購入者が増えており、品切れが増えている。今後は停電の影響が懸念され、営業時間の短縮で乗り切る方針だ。

来2012年3月期にかけては、大型店の出店と並行して不採算店閉鎖を進める方針を掲げてきたが、計画に狂いが生じる可能性がある。

(前田 佳子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT