家電量販店のコジマは東北エリアの店舗が被災、実態把握が追いつかず。不採算店閉鎖計画に狂い生じるおそれも【震災関連速報】

家電量販店のコジマは東北エリアの店舗が被災、実態把握が追いつかず。不採算店閉鎖計画に狂い生じるおそれも【震災関連速報】

栃木県宇都宮市に本社を構える家電量販店のコジマは、東日本大震災を受けて東北地域の店舗が深刻な影響を受けているもようだ。当社は青森県に3店、岩手県2店、宮城県6店、福島県6店、茨城県5店を構えている。このうち数店と連絡が取れず、被害状況も把握できていない状況にある。

宮城県では名取エアリ店や石巻西店など、津波の被害を受けた地域に複数の店舗がある。ライフラインが復旧していないため、従業員の安否についても完全に確認が取れていないという。東北では複数店で一部営業を続けているが、カセットコンロや乾電池などは品切れが続出している状況だ。

関東圏でも地震の被害を受けており、店舗の安全確認に追われている。東京近郊でも懐中電灯などの購入者が増えており、品切れが増えている。今後は停電の影響が懸念され、営業時間の短縮で乗り切る方針だ。

来2012年3月期にかけては、大型店の出店と並行して不採算店閉鎖を進める方針を掲げてきたが、計画に狂いが生じる可能性がある。

(前田 佳子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。